Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » F2→Enterが面倒−区切り位置指定ウィザード

F2→Enterが面倒−区切り位置指定ウィザード

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010

数式を再入力したのと同じ操作を行う方法として、置換機能を利用した操作をご紹介しました。

このネタをご覧いただいた方から、別の操作方法をご連絡いただきましたので、その方法をご紹介させていただきます。

[スポンサード リンク]

[区切り位置指定ウィザード]を利用する方法です。


▼操作概要:再入力したのと同様の操作を行う
再入力したのと同様の操作を行いたいセルを選択
 ↓
[区切り位置指定ウィザード]を起動
 ↓
[区切り位置指定ウィザード-1/3]
 −[元のデータの形式]欄で
「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」オプションを選択して[次へ]ボタンをクリック
 ↓
[区切り位置指定ウィザード-2/3]
 −[区切り文字]欄で
すべてのチェックボックスをOffにして[次へ]ボタンをクリック
 ↓
[区切り位置指定ウィザード-3/3]
 −[列のデータ形式]欄で
「G/標準」オプションを選択して[完了]ボタンをクリック

上記の操作を行うと、データを再入力するために[F2]キー[Enter]キーを押したのと同じことが起きます。

[区切り位置指定ウィザード]はExcel 2007・2010の場合[データ]タブ−[データツール]グループ−[区切り位置]から、2003までのExcelならメニュー[データ]−[区切り位置]から起動できます。

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » F2→Enterが面倒−区切り位置指定ウィザード

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
データ区切り位置のショートカットキーは?−Alt→D→Eキー from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 「エクセル データ 区切り位置 ショートカットキー」 といっ...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » F2→Enterが面倒−区切り位置指定ウィザード

「データベース・検索」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.