Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Access2010でデータベースの最適化・修復−データベースツールタブ・ファイルタブ

Access2010でデータベースの最適化・修復−データベースツールタブ・ファイルタブ

対象:Access2010

Accessで何らかのシステムを作っているような方にとって、とても大切なコマンドがあります。

データベースの最適化・修復を行うコマンドです。

特にシステムの開発途中、フォームなどを作ったり壊したりするような場合、最適化を行ってやらないとファイルがどんどん肥大化してしまいます。

そんな最適化コマンドは、2003までのAccessならメニュー[ツール]−[データベースユーティリティ]内に配置され、Access 2007では[Officeボタン]−[管理]内に[データベースの最適化/修復]コマンドが配置されています。

Access 2007で、[Officeボタン]−[管理]内に[データベースの最適化/修復]コマンドがあることに、気づけない方は少なくなかったのでしょう。

[スポンサード リンク]

Access 2010ではよりわかりやすい場所に[データベースの最適化/修復]コマンドが配置されています。


▼操作方法:Access 2010でデータベースの最適化と修復を実行する
[データベースツール]タブ
 −[ツール]グループ
  −[データベースの最適化/修復]ボタンをクリックする

Office 2007から採用されているリボンでは、重要度の高いコマンドほど、リボンの左に大きく表示されています。

重要な[データベースの最適化/修復]ボタンも下図のように、[データベースツール]タブの左端に大きく表示されています。

Access2010でデータベースの最適化・修復

ちなみにAccess 2007の[データベースツール]タブは、下図のような状態でした。

Access2010でデータベースの最適化・修復

何らかのファイルを開いている状態なら、2007に近い方法でも最適化と修復を実行できます。


▼操作方法:Access 2010でデータベースの最適化と修復を実行する
[ファイル]タブ
 −[情報]
  −[データベースの最適化/修復]ボタンをクリックする

何らかのファイルを開いた状態で、[ファイル]をクリックすると、[情報]が選択された状態になっていて、そこに下図のように[データベースの最適化/修復]ボタンが配置されています。

Access2010でデータベースの最適化・修復

いずれの操作にせよ、Access 2007のときよりも随分わかりやすくなっていると私は感じています。

Access 2010をお使いの方は、一度ご確認ください。

関連語句
アクセス2010の使い方

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Access2010でデータベースの最適化・修復−データベースツールタブ・ファイルタブ

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Access2010でデータベースの最適化・修復−データベースツールタブ・ファイルタブ

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.