Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Office2010でドロップダウンするボタンが改善

Office2010でドロップダウンするボタンが改善

対象:Word2010, Excel2010, PowerPoint2010, Access2010, Outlook2010, OneNote2010, Publisher2010, InfoPath2010, ShrePointWorkspace2010

Office 2007でコマンドがドロップダウン表示するボタンには、2種類あるということをご紹介しました。

Office 2007では、

  • ボタンのどこかをクリックしたときに
     ドロップダウン表示されるタイプ
  • ボタンの[▼]をクリックしたときだけ
     ドロップダウン表示されるタイプ

の2種類があって、パソコンに慣れていない方は、こういった微妙な違いがかなり苦手だったりします。

これがOffice 2010では、改善されています。

[スポンサード リンク]

[▼]をクリックしたときだけドロップダウン表示するタイプのボタンが、2つの箇所に分かれているということが、Office 2007よりもわかりやすくなっています。

左が[▼]部分の上にマウスポインタがある状態で、右がアイコン部分(絵の描かれた部分)の上にマウスポインタがある状態です。

Office2010でドロップダウンするボタンが改善

Office 2007のときとくらべていただくと一目瞭然、少なくともどちらにマウスがあるのかは、随分わかりやすくなっています。

何もご存じないパソコン初心者の方が、[▼]をクリックしたときだけドロップダウン表示するということは、すぐに気づけないかもしれませんが、数回トライアンドエラーを繰り返したときに、気づける可能性は、Office 2007のときよりは随分上がったんじゃないかと感じています。

ホントに些細なことなのですが、こういう改善は是非続けてほしいと思います。

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Office2010でドロップダウンするボタンが改善

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Office2010でドロップダウンするボタンが改善

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.