Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint2010からWordにアウトライン−ファイル-保存と送信-配布資料の作成

PowerPoint2010からWordにアウトライン−ファイル-保存と送信-配布資料の作成

対象:PowerPoint2010

先日このサイト インストラクターのネタ帳で、
「PowerPoint2010 アウトラインをWordに送信」
という検索が行われていました。

PowerPointには、PowerPointからWordファイルを作成するコマンドが用意されています。

2003までのPowerPointならメニュー[ファイル]−[送信]−[Microsoft Office Word]コマンド、PowerPoint 2007なら[Officeボタン]−[発行]−[Microsoft Office Wordで配布資料を作成]コマンドです。

それと同様のコマンドがPowerPoint 2010でどこにあるのかを探している方の検索です。

[スポンサード リンク]

PowerPoint 2010の場合、以下の手順でPowerPointのプレゼンテーションからWordの文書を作成できます。


▼操作手順:PowerPoint 2010からWordへアウトラインを送信する
[ファイル]タブ
 −[保存と送信]
  −[配布資料の作成]
   −[配布資料の作成]ボタンをクリック
 ↓
[Microsoft Wordへ送信]ダイアログ
 −[アウトラインのみ]オプションを指定
 ↓
[Microsoft Wordへ送信]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック

2003までが「送信」、2007では「発行」でしたが、2010では「保存と送信」です。(コマンドをどこに配置するのがわかりやすいのか、試行錯誤している様子が伺える変遷です。)

下図のような[ファイル]タブ−[保存と送信]−[配布資料の作成]−[配布資料の作成]ボタンをクリックすると、

PowerPoint2010からWordにアウトライン

[Microsoft Office Wordへ送信]コマンドなどをお使いの方にはおなじみの、[Microsoft Wordへ送信]ダイアログが表示されます。

PowerPoint2010からWordにアウトライン

PowerPoint 2010をお使いの方で、PowerPointのプレゼン資料からWord文書を作成しようという方は、一度ご確認ください。

関連語句
PowerPoint2010でアウトラインをWordに送信

[スポンサード リンク]

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint2010からWordにアウトライン−ファイル-保存と送信-配布資料の作成

[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » PowerPoint2010からWordにアウトライン−ファイル-保存と送信-配布資料の作成

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.