Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Office2010ではリボンのカスタマイズが可能に

Office2010ではリボンのカスタマイズが可能に

対象:Word2010, Excel2010, PowerPoint2010, Access2010, Outlook2010, OneNote2010, Publisher2010, InfoPath2010, ShrePointWorkspace2010

Office 2010では、2007の[Officeボタン]が[ファイル]タブになったことをご紹介しました。

リボンまわりでの変更点としては、リボンのカスタマイズができるようになった、ということがあげられます。

[スポンサード リンク]

Office 2007でリボンをカスタマイズするには、XMLファイルを操作しなければならず、誰にでも簡単に設定できるとは言い難いものでした。

Office 2010では、リボンのカスタマイズが簡単にできるようになっています。


▼操作概要:リボンをカスタマイズする
リボン上で右クリックして
 ショートカットメニュー[リボンのユーザー設定]をクリック
 ↓
[○○のオプション]ダイアログ
 −[リボンのユーザー設定]でカスタマイズ後
  [OK]ボタンをクリック

[Exceのオプション]ダイアログは、[ファイル]タブ−[オプション]を選択しても表示できますが、[○○のオプション]ダイアログ−[リボンのユーザー設定]を使うのなら、上記のようにリボン上で右クリックして表示するのが便利でしょう。

下図はExcel2010のリボン上でマウスの右ボタンをクリックしたところです。

Office2010ではリボンのカスタマイズが可能に

Office 2007までにはなかった[リボンのユーザー設定]コマンドが表示されています。

ちなみにExcel 2007のリボン上で右クリックすると下図のような感じです。

Office2010ではリボンのカスタマイズが可能に

[Exceのオプション]ダイアログ−[リボンのユーザー設定]タブは下図のような状態になっています。

Office2010ではリボンのカスタマイズが可能に

[新しいタブ][新しいグループ][名前の変更]といったボタンが存在しており、新しいタブやグループを作成したり、タブやグループの名前を変更できることが容易に推測できるでしょう。

タブの表示・非表示切り替えや、タブやグループの並び順の変更といったこともできます。

Office 2007で採用されたまったく新しいユーザーインターフェース・リボンは、使いやすいと感じる方がいる一方、拒否反応を示す方が少なくありません。

Office 2010では、リボンのカスタマイズ機能が用意されたことで、拒否反応を示す人を減らすことができるんじゃないかと思います。

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Office2010ではリボンのカスタマイズが可能に

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
2007/2010でファイルを全て閉じる−[すべて閉じる]ボタン from インストラクターのネタ帳
エクセル2007/2010やワードWord2007/2001で、アプリケーションを終了せずに、開いているファイルを一気に閉じる方法とは。

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Office2010ではリボンのカスタマイズが可能に

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.