Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 行挿入・列挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

行挿入・列挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007

Excelで行削除・列削除を行うショートカットキーをご紹介しました。

削除の逆についての検索が行われているのも、見かけることがあります。

「エクセル 行追加 ショートカットキー」
「エクセルで列を挿入するショートカットキーは」
といった検索です。

[スポンサード リンク]

行挿入・列挿入にも、わかりやすいショートカットキーが割り当てられています。


▼操作方法:行を挿入する
行選択後、[Ctrl]キー+[Shift]キー+[+]キーを押す

行選択後、[Ctrl]+[Shift]+[+]キーを押せば行挿入
列選択後、[Ctrl]+[Shift]+[+]キーを押せば列挿入
です。

行削除・列削除のショートカットキー[Ctrl]+[-]の逆といっていい、[Ctrl]+[Shift]+[+]キーで、行挿入・列挿入ができます。

通常キーの場合は[+]にするために[Shift]キーが必要ですが、テンキーの場合は[Shift]キーなしの[Ctrl]+[+]キーでOKです。

行や列を選択せず、セルが選択された状態で[Ctrl]+[Shift]+[+]キーを押せば、何を挿入するのかというダイアログが表示されます。これも削除のときと同じイメージです。


▼操作手順:行を挿入する
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[+]キーを押す
 ↓
[セルの挿入]ダイアログで[行全体]オプションを選択後[OK]ボタンを押す

行・列を選択せずに[Ctrl]+[Shift]キー+[+]キ−を押すと、下図のようなダイアログが表示されます。

行挿入・列挿入のショートカットキー

ここで[行全体]オプションを選択すれば行の挿入、[列全体]オプションを選択すれば列の挿入となります。削除と同じイメージです。

関連語句
キーボードショートカット, 短縮キー, Keyboard shortcuts

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 行挿入・列挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

トラックバック:3

TrackBack URL
列の非表示・再表示のショートカットキー−Ctrl+0/Ctrl+Shift+0 from インストラクターのネタ帳
エクセルで、列を非表示にするショートカットキー、非表示になっている列を再表示するショートカットキーとは。
切り取ったセルの挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 「Excel 2007 Ctrl+Shift+= 動かない」...
行・列を挿入するアクセスキー-Alt→I→R・C from インストラクターのネタ帳
Excel(エクセル)で、行や列の挿入を行うには、ショートカットキーよりもアクセスキーのほうが便利です。

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 行挿入・列挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

「キーボード操作」の記事一覧

検索

このページの上部へジャンプ

.