Home » Word(ワード)の使い方 » 文字書式 » 下付き文字にするショートカットキー−Ctrl+Shift+=キー

下付き文字にするショートカットキー−Ctrl+Shift+=キー

対象:Word2002, Word2003, Word2007

PowerPointの下付き文字にするショートカットキー−をご紹介しました。

Wordにも下付き文字にするショートカットキーは用意されていますのでご紹介しておきます。

[スポンサード リンク]

Wordの場合PowerPointとは別のショートカットキーが割り当てられています。


▼操作方法:下付き文字にする
下付き文字にする文字列を選択
 ↓
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[=]キー

ユーザーとすれば、一緒のほうがありがたかったのですが、PowerPointの下付き文字にするショートカットキーとWordのショートカットキーとは異なります。

PowerPointの場合は、[Ctrl]+[;]キー
Wordの場合は、[Ctrl]+[Shift]+[=]キー
です。

下付き文字を選択しておいて[Ctrl]+[Shift]+[=]キーを押せば、下付きが解除されます。

Wordで下付き文字をよく使うという方は、是非ご確認ください。

関連語句
Keyboard shortcuts, キーボードショートカット, format text as subscript

Home » Word(ワード)の使い方 » 文字書式 » 下付き文字にするショートカットキー−Ctrl+Shift+=キー

トラックバック:1

TrackBack URL
上付き文字にするショートカットキー−Ctrl+Shift+;キー from インストラクターのネタ帳
ワードの上付き文字にするショートカットキーは、パワーポイントの上付き文字にするショートカットキーと同じです。

Home » Word(ワード)の使い方 » 文字書式 » 下付き文字にするショートカットキー−Ctrl+Shift+=キー

「文字書式」の記事一覧

検索

このページの上部へジャンプ

.