Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 消費税抜きの価格を計算する関数は?

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007

消費税計算に関連して、消費税計算をする専用の関数などないことと、消費税込み金額の計算方法をご紹介してきました。

今回は税抜き価格の計算をご紹介しましょう。

「エクセル 消費税 関数」
といった検索をしている方の多くが、消費税込みの金額がわかっているときに、消費税抜きの額を計算する方法を探してらっしゃるように感じますが、消費税込みの金額を計算する専用の関数がないのと同様、消費税抜きの価格を計算する関数もExcelには用意されていません。

[スポンサード リンク]

しかし当然のことですが、消費税込み額の計算の逆を行えば、消費税抜き価格は計算できます。
Excelをバリバリ使いこなしていらっしゃる方にとっては不思議なことかもしれませんが、Excelを苦手と感じる方のうち少なからぬ方が、この手の算数側の問題でExcelを苦手にしてらっしゃるのです。


▼操作方法:消費税抜き価格を計算する
※税込み価格がC3セルに入力されているときに、B3セルに税抜き価格を計算する例
B3セルに
「=C3/(1+0.05)」
という数式を入力する

税込み額は、税抜き額 ×(1+0.05)です。

これを逆にすれば税抜き価格は計算できます。ですから、
税抜き額は、税込み額 ÷(1+0.05)です。

「税抜き額 ×(1+0.05)」から
「税込み額 ÷(1+0.05)」を導く過程は以下のとおりです。

税込み価格税抜き価格 ×(1+0.05)
税込み価格 ÷(1+0.05)税抜き価格 ×(1+0.05) ÷(1+0.05)
税込み価格 ÷(1+0.05)税抜き価格 ×(1+0.05) ÷(1+0.05)
税込み価格 ÷(1+0.05)税抜き価格
税抜き価格税込み価格 ÷(1+0.05)

▼サンプルファイル(003550.xls 25KByte)ダウンロード

サンプルファイルのB2セルには「=C3/(1+0.05)」という上記の数式を、C2セルにはB2セルに入力された税抜き価格から税込み価格を計算する「=B2*(1+0.05)」という数式をそれぞれ入力してあります。B2セル・C3セルの値を変更して、C2セル・B3セルにどのような値が計算されるかなどをご確認ください。

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 消費税抜きの価格を計算する関数は?

[スポンサード リンク]

トラックバック:1

TrackBack URL
消費税計算の端数処理−ROUND・ROUNDDOWN・ROUNDUP関数 from インストラクターのネタ帳
エクセルで消費税計算する際、四捨五入/切り捨て/切り上げなどの端数処理を行うには、ROUND関数/ROUNDDOWN関数/ROUNDUP関数などを使います。

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 消費税抜きの価格を計算する関数は?

「Excel(エクセル)の関数・数式の使い方」の記事一覧

検索

このページの上部へ戻る

.