Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 7(ウィンドウズセブン) » RTM版・RC版とはどういう意味?

8月12日から、Windows 7のRTM日本語版が公開されています。

実は私、あまり新しいものにすぐ飛びつくタイプではないのですが、今回のWindows 7についてはかなり期待しています。

タスクバーまわりや、[Windows]キーに割り当てられたショートカットキーなど、便利に感じるものが多く、Windows 7に慣れてしまうと昔のOSを使い辛く感じるだろうなと既に感じています。

Vistaの失敗もあり、Microsoftが相当気合いを入れているというのも、随分伝わってきます。

そのWindows 7が一般に市販されるのは10月22日ですが、開発者などに向けて今回RTM版が公開されたわけです。

このようにRTM版が公開された、あるいは、RTMの前のRC版が公開されたといった情報が流れると
「RTM版って何ですか?」
「RCとかRTMとかどういう意味ですか?」
といったご質問をいただくことになります。

「RC」とか「RTM」というのは、英語を省略した語句ですから、省略前の語句を知ってしまえば、その意味はかなり見えてきます。

[スポンサード リンク]

RCとは Release Candidate の頭文字で、
RTMとは Release To Manufacturing の頭文字です。


▼RC版とは
Release Candidate版のこと
テスト工程の最終版・製品候補(Candidate)のバージョン

▼RTM版とは
Release To Manufacturing版のこと
大量製造工程・商品化工程に入ったバージョン

ベータ版の次の、もう相当製品に近づいたバージョンがRC版です。

製品としては完成して、大量製造工程に入ったバージョンがRTM版です。インストールメディア(DVD)の製造や、OEM各社のPCへの組み込み作業、いうなれば商品化の工程に入っていくのがRTMです。

実際7月25日には、アメリカでOEM各社(パソコンメーカー)にWindows 7のRTM提供(まさにrelease to manufacture)も行われたようです。

RTMを受け取ったOEM各社では、自社のパソコン向けに必要な修正を入れたりします。

日本で売られるPCの場合はないでしょうが、例えば、ヨーロッパで売られるPCに組み込まれるWindows 7の場合、ブラウザをIE(Internet Explorer)ではなくFirefoxとかOperaにするなんていうことも可能性としてはあり得ます。

そのような組み込みのためのWindows 7の修正作業は、RTMを受け取ったOEM側で行うことになります。

Windows 7のRTM版がダウンロードできるのは、(現在のところ)MSDNかTechNet登録会員に限られていますが、ひとつ前のバージョンRC版はまだダウンロードできます。RTM版の入手は難しそうだけど、一刻も早くWindows 7を試してみたいという方はRC版を利用してみてはいかがでしょう。(もちろんインストールする際は自己責任で、万一に備えてバックアップもしっかり行ってください。)

Windows 7 RC版は8月20日までダウンロード可能のようです。

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 7(ウィンドウズセブン) » RTM版・RC版とはどういう意味?

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 7(ウィンドウズセブン) » RTM版・RC版とはどういう意味?

「Windows 7(ウィンドウズセブン)」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.