Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » y=ax^2+bx+cグラフを描く

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

Excelで二次関数グラフを描く方法をご紹介しました。

二次関数グラフについては、
「y=ax^2+bx+cのグラフをExcelで描くにはどうしたらいいのだろう?」
という疑問を持つ方もいらっしゃるようです。

a・b・cのパラメータを変更して、自動的に変更されるグラフを作成したいということです。

[スポンサード リンク]

Excelでは数式からいきなりグラフを作成できないので、y=ax^2+bx+cグラフを描くためにも、やっぱりグラフの元データを作成しておく必要があります。


▼操作概要:y=ax^2+bx+cグラフを作成する
※E2セルにa、G2セルにb、I2セルにcの値を入力し、A2:B22セルの値を元データとして二次関数グラフを作成する例

A2:A22セルに-10から10までの整数を入力
 ↓
B2セルに
「=$E$2*A2^2+$G$2*A2+$I$2」
という数式を入力
 ↓
B2セルをB22セルまでコピー
 ↓
E2・G2・I2セルに適当な数値を入力
 ↓
A2:B22セルを元データとして
データポイントを平滑線でつないだマーカーなしの散布図を作成
 ↓
書式を設定

▼サンプルファイル(003152.xls 69KByte)ダウンロード

サンプルファイルの「Sheet1」シートには、Excel 2003を使って上記の手順でグラフを作成し、「Sheet2」シートには書式設定などを行ったグラフを作成してあります。

グラフ用紙に二次関数グラフを描いたように見せるために、2003までのExcelではどういった設定をすればよいのか、インターフェースの大きく異なるExcel 2007の場合どう設定したらよいか、それぞれ既にネタをご紹介していますのでご参照ください。

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » y=ax^2+bx+cグラフを描く

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » y=ax^2+bx+cグラフを描く

「グラフ」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.