Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 正弦曲線・サインカーブを描きたい−SIN・RADIANS関数

正弦曲線・サインカーブを描きたい−SIN・RADIANS関数

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

「エクセル サインカーブ 描き方」
「エクセル 正弦曲線」
といった検索が行われていることがあります。

Excelでサインカーブ・正弦曲線を描く方法を調べてらっしゃる方でしょう。

Excelでグラフを描くには、元データを用意しておく必要があります。

[スポンサード リンク]

サインカーブ・正弦曲線を描く場合も、元データが必要になりますから、まず元データを作成して、そのデータを元にグラフを作成するという手順を取る必要があります。


▼操作手順:正弦関数のグラフを作成する
A1:A361セルに「0」から「360」までの整数を入力
 ↓
B1セルに「=SIN(RADIANS(A1))」という数式を入力
 ↓
B1セルをB361セルまでオートフィル
 ↓
A1:B361セルを選択
 ↓
メニュー[挿入]−[グラフ]をクリック
 ↓
[グラフウィザード-1/4-グラフの種類]ダイアログ
 −[グラフの種類]欄で「散布図」
 −[形式]欄で
  「データポイントを平滑線でつないだマーカーなしの散布図です。」を選択
 ↓
[グラフウィザード-1/4-グラフの種類]ダイアログ
 −[完了]ダイアログをクリック
 ↓
作成されたグラフの書式を設定

Excelでは正弦関数としてSIN関数、度をラジアンに変換するRADIANS関数が用意されているので、この2つの関数を組み合わせて元データを作成するわけです。

A1:A361セルに「0」から「360」までの整数を入力する操作は、マウスでオートフィルをしてもいいですが、メニュー[編集]−[フィル]−[連続データの作成]コマンドを利用するほうが便利でしょう。

▼サンプルファイル(003127.xls 106KByte)ダウンロード

関連語句
正弦波

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 正弦曲線・サインカーブを描きたい−SIN・RADIANS関数

トラックバック:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 正弦曲線・サインカーブを描きたい−SIN・RADIANS関数

「グラフ」の記事一覧

検索

このページの上部へジャンプ

.