Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » SUMIF関数で複数条件指定

SUMIF関数で複数条件指定

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

指定した条件に応じた値を合計するSUMIF関数について、ご紹介しました。

SUMIF関数をご存知の方から、
「SUMIF関数に複数条件を指定したいのですが...?」
「SUMIF関数で複数の条件を指定するにはどうしたらいいのでしょうか?」
というご質問をいただくことがあります。

[スポンサード リンク]

いくつかの解決方法が考えられますが、条件が完全一致ならば、作業列を作成するのが簡単でしょう。


▼操作手順:条件が複数ある場合にSUMIF関数を利用する
※B3:B22に性別、C3:C22に電話会社、D3:D22に料金が入力されているときに、E列を作業列として、「男」で「X社」の料金合計を計算する例

E3セルに「=B3&C3」と入力
 ↓
E3セルをE22セルまでオートフィル
 ↓
G3:G8セルに条件を入力
 ↓
料金合計を計算したいセルに
「=SUMIF(E3:E22,"男X社",D3:D22)」
という計算式を入力

▼サンプルファイル(002676.xls 21KByte)ダウンロード

サンプルファイルの「基本」シートH3セルに、上記の操作と同じ計算式が入力してあります。

「セル参照を利用して全条件を集計」シートには、セル参照を使って全複数条件の料金合計を集計して、E列を非表示にしてあります。

Excel・関数に慣れていない方は、作業列を作るということをなかなか考えつけないとは思いますが、作業列を利用するのは、ちょっと複雑な計算をしたいときの小技の一つですから、是非理解していただきたい考え方だと思っています。

以前COUNTIF関数で複数条件指定する方法をご紹介しましたが、作業列を利用するという点では、今回のSUMIF関数での複数条件指定と同じ考え方です。

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » SUMIF関数で複数条件指定

[スポンサード リンク]

トラックバック:4

TrackBack URL
複数条件指定で合計集計−DSUM関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 条件を指定して合計を求めるSUMIF関数で、複数の...
×IFSUM関数、○SUMIF関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 このサイトでは、間違った語句・キーワードについて何...
[Excelで仕事術]特定のレコードだけの合計を求める(SUMIF, SUM+IF+配列数式) from ウェブ-HACKS 「とりあえずやってみよう!」ブログ
またまた、Excelシリーズです。特定のレコードだけの合計を求めたいときってあり...
複数条件でSUMIF関数−SUMIFS関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007 条件に合致した場合に合計を計算するSUMIF関数について、 「SUMIF関数で複数の条件を指定するにはどうしたらいいのでしょう...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 統計 » SUMIF関数で複数条件指定

「統計」の記事一覧

検索

このページの上部へ戻る

.