Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » すべてのインデントを解除する

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

Excelでもインデントを設定できることをご紹介しました。インデントの設定・解除にショートカットキーが割り当てられていることもご紹介しました。

Excelのインデント機能について
「インデントをすべて解除するには、どうすればいいのでしょうか?」
「インデントを一度に解除するには、マクロを組むしかないのでしょうか?」
というご質問をいただいたことがあります。

2003までのExcelならば[書式設定]ツールバー−[インデント]ボタンを、2007ならば[ホーム]タブ−[配置]グループ−[インデント]ボタンを、一回クリックすると、インデントが1レベル設定され、もう一回クリックすると更に1レベルインデントされます。

逆に、[インデント解除]ボタンを一回クリックするたびに、インデントが1レベル解除されていきます。

すべて同じレベルのインデントが設定されている場合、解除したいインデントの設定されているセルを選択して、[インデント解除]ボタンを何度かクリックすれば、複数セルのインデントをまとめて解除することができます。

しかし、違うレベルのインデントが設定されているときには、インデントの設定されているセルをすべて選択して、何度かツールバーやリボン上の[インデント解除]ボタンをクリックしたとしても、すべてのインデントを解除することはできません。

そんなときにいただくご質問です。

[スポンサード リンク]

なまじVBA(Visual Basic for Applications)でマクロを組むスキルのある方の場合、強引に以下のようなマクロを組んでしまったりすることもあるようです。

Sub 全インデント解除()
 Dim objCell As Range
 For Each objCell In Selection
  With objCell
   If .IndentLevel > 0 Then _
    .InsertIndent -.IndentLevel
  End With
 Next
End Sub

折角マクロを作ったのであれば、利用されることを止めはしませんが、わざわざマクロを組まなくても、一度にすべてのインデントを解除することはできます。


▼操作手順:レベルの違うインデントをすべて解除する
解除したいインデントの設定されているセルを選択
 ↓
右クリックして表示されるショートカットメニューから
 [セルの書式設定]を選択
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[配置]タブをクリック
 ↓
[文字の配置]−[インデント]欄を「0」に
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

プログラムを書いたことのある方だと、新しい言語でプログラムを組み始めたときに、どんな関数が用意されているのかがわからないために、標準で元々用意されているのと似たような機能の関数を自分でコーディングしてしまった、なんていう経験があるかもしれませんが、Excelですべてのインデントを解除するためにマクロを組んでしまうというのも似たような行動でしょう。

上記のように[セルの書式]設定ダイアログで操作すれば、違うレベルのインデントであっても一度にすべて解除することは可能です。

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » すべてのインデントを解除する

[スポンサード リンク]

トラックバック:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » すべてのインデントを解除する

「Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定」の記事一覧

検索

このページの上部へ戻る

.