Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 棒の重なりとは

[データ系列の書式設定]ダイアログ−[オプション]タブ−[棒の間隔]欄の数値を変更することで、棒グラフの棒の太さ・幅を変更できることをご紹介しました。

この[棒の間隔]欄についてご紹介すると、
「棒の重なりというのはなんでしょうか?」
というご質問をいただくことがあります。

[データ系列の書式設定]ダイアログ−[オプション]タブ−[棒の間隔]欄の上に、[棒の重なり]という項目があるためです。

[スポンサード リンク]

データ系列が一つのグラフで[棒の重なり]を変更してみても、何のことなのかはわかりません。


▼棒の重なりとは
系列が複数ある場合に
系列ごとの棒をどの程度重ね合わせるかを指定する項目

説明を読んだだけではピンと来にくいと思いますが、実際のグラフを見れば一目瞭然です。

▼サンプルファイル(002531.xls 27KByte)ダウンロード

サンプルファイルでは、[棒の重なり]の数値を変更したグラフを複数作成してあります。

「0」の場合、棒はまったく重なっていませんが、「50」の場合は1本の棒の幅の「50%」重なっています。

[棒の重なり]は、「-100」から「100」までの値を指定することができ、「100」を指定した場合は棒と棒とが完全に重なり、「-100」の場合は棒の幅と同じだけの幅間があきます。

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 棒の重なりとは

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 棒の重なりとは

「グラフ」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.