Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » フォルダ構造・ファイル一覧をツリー状に−TREEコマンド

フォルダ構造・ファイル一覧をツリー状に−TREEコマンド

対象:WindowsXP

フォルダ構造ツリー状のテキストデータにしてくれる、コマンドプロンプトのTREEコマンドについてご紹介しました。

実務では、フォルダ構造だけではなく、各フォルダ内に存在するファイルの一覧も一緒にテキストデータ化したいという要望をいただきます。

これもTREEコマンドで可能です。

[スポンサード リンク]

TREEコマンドにスイッチを付加して実行することで、各フォルダのファイル名を表示しつつ、フォルダ構造を図式表示できます。


▼操作方法:ファイル・フォルダ構造を図式化したテキストファイルを作成する
(ファイル・フォルダ構造の図式をfilelist.txtファイルに作成する例)

コマンドプロンプトで図式化したいフォルダへ移動後
「tree /f > filelist.txt」
と入力し[Enter]キーを押す

コマンドプロンプトで
「tree /f」
と入力後[Enter]キーを押せば、コマンドプロンプト上に図式表示に行われ、後に
「 > filelist.txt」
を追加することで、テキストファイル「filelist.txt」に図式が作成されます。

関連語句
DOS窓,command prompt

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » フォルダ構造・ファイル一覧をツリー状に−TREEコマンド

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » フォルダ構造・ファイル一覧をツリー状に−TREEコマンド

「コマンドプロンプト」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.