Home » Excel(エクセル)の使い方 » 入力規則 » ドロップダウンリストを別シートを参照して作成−INDIRECT関数

ドロップダウンリストを別シートを参照して作成−INDIRECT関数

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

名前を定義して、入力規則のリスト用データを別シートにまとめる方法をご紹介しました。


多くの解説書やWebサイトで紹介されている方法です。

ですが実は名前を定義しなくても、別のワークシートのセルを参照して、入力規則のドロップダウンリストを作成することはできるのです。

[スポンサード リンク]

INDIRECT関数を使うことで、他のワークシートを参照したドロップダウンリストは作成できます。


▼操作手順:別のワークシートを参照したドロップダウンリストを表示する
※Sheet1のA1:A47セルに、北海道から沖縄までの都道府県名を入力し、Sheet2のA1セルに都道府県名をドロップダンリストとして表示する例

Sheet1のA1:A47セルに
 「北海道」「青森」「岩手」・・・「鹿児島」「沖縄」と
  都道府県名を入力
 ↓
Sheet2のA1セルを選択
 ↓
メニュー[データ]−[入力規則]をクリック
 ↓
[データの入力規則]ダイアログ−[設定]タブをクリック
 ↓
[条件の設定]欄
 −[入力値の種類]コンボボックスから「リスト」を選択
 ↓
[元の値]欄に「=INDIRECT("Sheet1!A1:A47")」と入力
 ↓
[データの入力規則]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

▼サンプルファイル(002264.xls 15KByte)ダウンロード

ポイントはINDIRECT関数の前には「=」を入力することと、INDIRECT関数の引数を「"」(ダブルクォーテーション)で括ることです。

INDIRECT関数は、文字列として指定された参照の示す内容を返してくれる関数で、入力規則を使って連動したドロップダウンリストを作成する際によく利用されます。


上記の例では、「部」に連動した「課」を表示させるためにINDIRECT関数を利用しています。

そんなINDIRECT関数に、シート名付きセル参照を文字列の形式にして引数で渡すことで、別のワークシートを参照したドロップダウンリストが作れるというわけです。

名前の管理をしたくないという場合には、INDIRECT関数を使ったドロップダウンリストの利用をご検討ください。

関連語句
プルダウンリスト,ドロップダウンリスト

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 入力規則 » ドロップダウンリストを別シートを参照して作成−INDIRECT関数

トラックバック:6

TrackBack URL
ドロップダウンリストの文字を大きく from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 入力規則機能を利用したドロップダウンリストの作成について、ご紹介して...
【Excel】ドロップダウンリストを別シートを参照して作成 from BLOG Tokyo
ドロップダウンリストを使いたい場合がよくある。他のワークシートに選択肢をつくるの...
データの入力規則ダイアログで方向キーを使うには?−F2キー from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 Excelの入力規則は、実務で頻繁に利用するワー...
リストを作らずにドロップダウン−ドロップダウンリストから選択 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 「ドロップダウンリストから選択してデータ入力できる...
×インダイレクト関数、○INDIRECT関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 Excelのワークシート関数について調べる際に、関...
表からデータを取得する・表引きする−参照演算子 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 Excelで業務用ワークシートなどを使っている場合に、「表引き」といわれる動作が...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 入力規則 » ドロップダウンリストを別シートを参照して作成−INDIRECT関数

「入力規則」の記事一覧

検索

このページの上部へジャンプ

.