Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロのサンプル » 名前を付けて保存ダイアログにアクティブセルの値を表示するマクロ

名前を付けて保存ダイアログにアクティブセルの値を表示するマクロ

対象:Excel2000, Excel2002, Excel2003, Excel2007

「名前を付けて保存をしたときに、アクティブセルの値がファイル名になるようにできないのでしょうか?」
といったご質問をいただくことがあります。

お仕事の内容によっては、大量のExcelファイルを作成するなんていうことがあり、その保存作業時にいちいちファイル名を手入力するのが面倒と感じる方からいただくご質問です。

[スポンサード リンク]

VBA(Visual Basic for Applications)でマクロを作成して、[名前を付けて保存]のショートカットキー:[F12]で、そのマクロを呼ぶようにしてはいかがでしょう。


▼名前を付けて保存ダイアログにアクティブセルの値を表示するマクロ
Sub DispSaveAsDlg_ActiveCellValue()

 Application.Dialogs(xlDialogSaveAs).Show Arg1:=ActiveCell.Value

End Sub

上記のような実質1行のマクロで、[ファイル名]にアクティブセルの値がデフォルト表示された状態で[名前を付けて保存]ダイアログが表示されるようになります。

ポイントは
「Arg1:=ActiveCell.Value」
の部分です。

上記の「DispSaveAsDlg_ActiveCellValue」マクロを作成してから、「Workbook_Open」イベントプロシージャに、下記のように記述すれば、[F12]キーを押したときに先のマクロが実行され、[ファイル名]欄にアクティブセルの値がデフォルト表示された状態で[名前を付けて保存]ダイアログを簡単に表示できるようになります。


▼DispSaveAsDlg_ActiveCellValueマクロをF12キーで実行されるようにするイベントプロシージャ
Private Sub Workbook_Open()

 Application.OnKey "{F12}", "DispSaveAsDlg_ActiveCellValue"

End Sub

▼サンプルファイル(002252.xls 36KByte)ダウンロード

サンプルファイルをマクロを有効にした状態で開き、いずれかのセルに値を入力して、そのセルがアクティブな状態で[F12]キーを押していただければ動作をご確認いただけるはずです。

このマクロと[F12]キーのセットを頻繁に利用するのならば、Personal.xlsファイルに「DispSaveAsDlg_ActiveCellValue」マクロと「Workbook_Open」イベントプロシージャを記述しておくと便利でしょう。

関連語句
How to display the save as dialog box and active cell's value set the file name

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロのサンプル » 名前を付けて保存ダイアログにアクティブセルの値を表示するマクロ

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
セルの値をシート名にするマクロ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 アクティブセルの値を[名前をつけて保存]ダイアロ...

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロのサンプル » 名前を付けて保存ダイアログにアクティブセルの値を表示するマクロ

「マクロのサンプル」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.