Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » コマンドプロンプトを使いやすく−簡易編集モード

コマンドプロンプトを使いやすく−簡易編集モード

コマンドプロンプトでコピー&ペーストを行う方法をご紹介しました。

正直言って決して使いやすいとは思えません。

通常Windowsアプリケーションでは、
 対象の選択 → コマンドの実行
というのが基本的な操作の流れです。

ところがコマンドプロンプトでコピー&ペーストを行うためには、コピー対象の選択を行う前に、システムメニュー[編集]から[範囲指定]をクリックするというコマンドを実行しなければなりません。

[スポンサード リンク]

コマンドプロンプトを頻繁に使うのであれば、設定変更をして少しでも使いやすくしましょう。


▼操作手順:コマンドプロンプトを簡易編集モードにする
タイトルバー右端のアプリケーションアイコンをクリック
 ↓
システムメニュー[プロパティ]をクリック
 ↓
["C:\WINDOWS\system32\cmd.exe"のプロパティ]ダイアログ
 −[オプション]タブをクリック
 ↓
[編集オプション]欄−[簡易編集モード]チェックボックスをOnに
 ↓
["C:\WINDOWS\system32\cmd.exe"のプロパティ]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック
 ↓
[プロパティの適用]ダイアログ
 −[同じタイトルのウィンドウに適用する]オプションボタンをOnにし
  [OK]ボタンをクリック

上記の設定変更を行うと、以後コマンドプロンプトでコピー時の範囲選択前に、システムメニュー[編集]から[範囲指定]をクリックする必要がなくなり、いきなりドラッグで範囲選択できるようになります。

コマンドプロンプトをよく利用するのであれば、おすすめしたい設定変更です。

この設定変更を行っておくと、コマンドプロンプトでのコピー&ペースト(貼り付け)も随分簡単になります。その具体的方法は近日中に別途ご紹介します。

関連語句
DOS窓, command prompt

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » コマンドプロンプトを使いやすく−簡易編集モード

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:2

TrackBack URL
ファイルのフルパスを取得−ドラッグ・アンド・ドロップ from インストラクターのネタ帳
対象:WindowsXP 社内LANでファイルを共有しているような場合に、ファイルのフルパスをメールに記述するといったことがあります。 こんなときどうし...
コマンドプロンプトのコピー&ペーストを簡単に−右クリック from インストラクターのネタ帳
コマンドプロンプトでは、簡易編集モードを設定しておけば、右クリックだけでコピーアンドペーストができるようになります。

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » コマンドプロンプトを使いやすく−簡易編集モード

「コマンドプロンプト」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.