Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 日付目盛りが自動設定されないように

日付目盛りが自動設定されないように

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

項目軸に日付を持った棒グラフや折れ線グラフを作成する場合によくいただく質問があります。

「日付の目盛りが自動的に設定されないようにしたいのですが?」
「日付目盛りが勝手に設定されるのはどうしたら直りますか?」
というご質問です。

例えば株価をグラフにするような場合を想像してください。

取引が行われるのは平日だけですから、元データは平日の日付と株価や出来高となります。

例えば今年・2006年のゴールデンウィークあたりの日付ならば、
4月27日
4月28日
5月1日
5月2日
5月8日
5月9日
といったデータが並びます。

[スポンサード リンク]

ところがこのデータからグラフを作成しても、元データにない土日休日
4月29日
4月30日
5月3日
5月4日
5月5日
5月6日
5月7日
も含んだグラフとなってしまうのです。

そのため、「日付目盛りが自動で設定されないようにするには?」とご質問いただくわけです。


▼操作手順:日付目盛りが自動的に設定されないよう変更する
メニュー[グラフ]−[グラフのオプション]をクリック
 ↓
[グラフオプション]ダイアログ−[軸]タブをクリック
 ↓
[主軸]−[X/項目軸]欄−[項目]オプションボタンをOnに
 ↓
[グラフオプション]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

通常は、[グラフオプション]ダイアログ−[軸]タブ−[主軸]−[X/項目軸]欄−[自動]オプションボタンがOnとなるために、データとして存在していない日付部分が補間されたグラフとなります。

上記の操作はグラフ作成後に変更を行う手順ですが、グラフ作成中に[グラフウィザード−3/4−グラフオプション]ダイアログで、[軸]タブ−[主軸]−[X/項目軸]欄−[項目]オプションボタンをOnにすれば、元データに存在する日付だけのグラフが作られます。

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 日付目盛りが自動設定されないように

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
存在しない日付はグラフに表示しないように−Excel2007 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007 2003までのExcelでは、[グラフオプション]ダイアログ−[軸]タブ−[主軸]−[X/項目軸]欄−[項目]オプションボタ...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 日付目盛りが自動設定されないように

「グラフ」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.