Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 補助円グラフに含まれるデータ数

補助円グラフに含まれるデータ数

対象:Excel 97,2000,2002,2003

Excelのグラフ機能には様々な種類のグラフが用意されています。

その多様なグラフの一つに、「補助円グラフ付き円グラフ」というという種類があります。

データ数が多い円グラフを作るときに利用できるもので、全体に対する比率の小さいデータをその他にまとめ、その他の部分を補助円グラフとして表示するタイプのグラフです。

[スポンサード リンク]

この補助円グラフ付き円グラフについてよくいただく質問と言えば、
「補助円グラフに含まれるデータの個数を変更するにはどうすればいいのでしょうか?」
です。


▼操作手順:補助円グラフのデータ数を変更する
円グラフ上にマウスを移動し、
「系列1要素xxx」とポップヒントが表示されることを確認
(Excel 97では「系列1」とポップヒントが表示されることを確認)
 ↓
マウスの右ボタンをクリックし、
ショートカットメニュー[データ系列の書式設定]をクリック
 ↓
[データ系列の書式設定]ダイアログ−[オプション]タブをクリック
 ↓
[補助プロットに含む値の個数]欄の個数を変更
 ↓
[データ系列の書式設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

マウスポインタを、補助円グラフ上に移動したときにポップヒントが表示されなければ、[オプション]ダイアログの設定を確認してください。

補助円グラフ付き円グラフと同様のグラフで、補助縦棒グラフ付き円グラフという種類のグラフもありますが、この場合も補助縦棒グラフに含まれるデータ数を変更する手順は同じです。

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 補助円グラフに含まれるデータ数

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » グラフ » 補助円グラフに含まれるデータ数

「グラフ」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.