Home » Office(オフィス)の使い方 » 描画オブジェクト » 曲線・フリーフォームの使い方

曲線・フリーフォームの使い方

対象:Office 97,2000,2002,2003

オートシェイプの[線]の中に[曲線][フリーフォーム]といった種類があるのですが、
「これはどうやって使うのですか?」
とご質問いただくことがあります。

[スポンサード リンク]

ほとんどのオートシェイプは、ボタンをクリックしてからドラッグすれば図形を描くことができますが、[曲線]はドラッグではまるで図形を描くことができませんし、[フリーフォーム]の場合はドラッグである程度描くことができますがクリックしかしらないと終了することができなくなってしまいます。

[フリーフォーム]はドラッグすると、[フリーハンド]と同じ状態になりますが、本来は連続した線分を描くための機能で、以下のような使い方をします。


▼操作手順:フリーフォームを描く
[図形描画]ツールバー−[線]−[フリーフォーム]をクリック
 ↓
線分を開始したい箇所でクリック
 ↓
マウスポインタを移動してクリック
 ↓
何度かマウスポインタを移動してクリックを行う
 ↓
図形を描くのを終了する場合はダブルクリックする

開始点や折り曲げたい点でクリック、終了するときにダブルクリックするのが、[フリーフォーム]の基本的な使い方です。

[曲線]も基本的な考え方は同じで、クリックした点同士が滑らかな曲線で結ばれるところが[フリーフォーム]と異なります。

Home » Office(オフィス)の使い方 » 描画オブジェクト » 曲線・フリーフォームの使い方

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office(オフィス)の使い方 » 描画オブジェクト » 曲線・フリーフォームの使い方

「描画オブジェクト」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.