Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 空白セル参照時に0を表示しない−IF関数・ISBLANK関数

空白セル参照時に0を表示しない−IF関数・ISBLANK関数

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

Excelのセル参照に関してよくいただく質問があります。
参照しているセルが空っぽのときに「0」と表示されないようにしたいのですが?
というご質問です。

B1セルに「=A1」という参照式が入力されているとき、A1セルに例えば「ABC」「1000」といった値が入っていれば、B1セルにも同じ値が表示されますが、A1セルに何も入力されていないときは「0」と表示されてしまいます。
これを「0」が表示されないようにできないのか?
というご質問です。

[スポンサード リンク]

IF関数で空白セル参照時の0を非表示に

残念ながらこれは表計算ソフトExcelの仕様ですから、どうしても「0」を表示させたくなければIF関数を使って回避しましょう。


▼操作手順:空白セル参照時に「0」と表示されないようにする
※A1セルを参照しているB1セルで「0」が表示されないようにする例
B1セルを
「=IF(A1="", "", A1)」
とする

IF関数の基本中の基本と言ってもいい数式です。

論理式「A1=""」が真すなわち空白のときに、第2引数に指定された「""」(空白)を表示し、偽すなわち空白でないときに第3引数に指定された「A1」を表示する、という数式です。

ISBLANK関数とIF関数で空白セル参照時の0を非表示に

ISBLANK(there IS a BLANK)関数を使って
「=IF(ISBLANK(A1), "", A1)」
としても同じですが、先にご紹介した
「=IF(A1="", "", A1)」
を使う方が多いような印象を私は持っています。

関連語句
0を表示しない, ゼロを表示しない

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 空白セル参照時に0を表示しない−IF関数・ISBLANK関数

トラックバック:3

TrackBack URL
別シートのデータを表示・別シートのセルを参照 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 実務でExcelを使う場合、複数のワークシートを連動させるといったことが行われます。 その最たるものが「3D集計」「3D参照」でしょう。 3D集計では複数のシートの合計を計算するわけですが、計算を不要として単純に他のシートの値を参照す...
ISPMTの語源は何?ISPMTは何の略? from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 Excelのワークシート関数の語源とか、関数名が...
数式かどうかを調べる from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 条件付き書式を設定しているようなときなどに、数式が入力されて...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 空白セル参照時に0を表示しない−IF関数・ISBLANK関数

「論理・情報」の記事一覧

検索

このページの上部へジャンプ

.