Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 条件付き書式 » 最大値・最小値のセルを目立たせたい−MAX関数・MIN関数

最大値・最小値のセルを目立たせたい−MAX関数・MIN関数

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

表の中で最大値のセルに色をつけて目立つようにしたい
最小値のセルがすぐわかるように色を変えたい
という要望を時々いただきます。

こういった条件に応じて書式を変えるのは、条件付き書式です。

[スポンサード リンク]

このサイトでは、


など条件付き書式関連のネタをご紹介しましたが、最大値・最小値のセルを目立たせるのは↑ご紹介した条件付き書式よりも簡単なはずです。

▼操作手順:最大値セルの書式を変更する
※B2:E100セルの中で最大値の書式を設定する例

B2:E100セルを選択した状態で
 メニュー[書式]−[条件付き書式]をクリック
 ↓
[条件付き書式の設定]ダイアログ−[条件1]欄の
 1つ目のコンボボックスで「セルの値が」を選択
 ↓
2つ目のコンボボックスで「次の値に等しい」を選択
 ↓
コンボボックスの右のテキストボックスに
 「=MAX($B$2:$E$100)」と入力
 ↓
[書式]ボタンをクリックして書式を設定
 ↓
[条件付き書式の設定]ダイアログ
 −[条件1]欄
  −[条件が真のときに使用する書式のプレビュー]
で書式が設定されたことを確認
 ↓
[条件付き書式の設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

MAX関数は引数で指定された中から最大の値を返す関数です。

最小値のセルを目立たせたいのならば最小値を取得するMIN関数を使って、[条件付き書式の設定]ダイアログで「=MAX($B$2:$E$100)」としてください。

上記の例では条件付き書式を設定するセルを選択しておいてから、設定操作を行っていますが、1つのセルに条件付き書式を設定しておいてから、他のセルに書式のコピーと貼り付けを行ってもOKです。

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 条件付き書式 » 最大値・最小値のセルを目立たせたい−MAX関数・MIN関数

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 条件付き書式 » 最大値・最小値のセルを目立たせたい−MAX関数・MIN関数

「条件付き書式」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.