Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » アウトラインモードでレベルを変更するショートカットキー

アウトラインモードでレベルを変更するショートカットキー

対象:Word97, Word2000, Word2002, Word2003

Wordにはバージョンによって違いがありますが、いろいろな表示モードが用意されています。

メニュー[表示]−[アウトライン]をクリックすると、表示モードの一つアウトラインモードになります。

レポート・報告書・論文など長めの文書を作成するときに、便利なモードです。

[スポンサード リンク]

Wordの参考書類を見ると、アウトラインモードにすると表示される[アウトライン]ツールバーでの操作を主体としていることが多い印象がありますが、文章を入力しながらレベルを変更するのであれば、ツールバーよりもキーボード操作を覚えておく方が便利だと思います。


▼操作方法:アウトラインモードでレベルを変更するキーボード操作

レベルを下げる
  [Tab]
   または
  [Alt]+[Shift]+[→]

レベルを上げる
  [Shift]+[Tab]
   または
  [Alt]+[Shift]+[←]

標準文字列にする
  [Ctrl]+[Shift]+[N]

レベルの上げ下げはWord 2000以降のバージョンならば、[Tab]キーを利用するのが便利ですが、Word 97では[Tab]キーでレベル変更できませんので、[Alt]+[Shift]+[→][←]キーを利用してください。

アウトラインモードでのショートカットキーは他にもいろいろあって、ほとんどが[Alt]+[Shift]の組み合わせなのですが、標準文字列(本文レベル)にするショートカットキーは[Ctrl]+[Shift]の組み合わせなので注意が必要です。

アウトラインモードを使っているが、ツールバーからいつも操作していた方は一度お試しください。

関連語句
短縮キー, Keyboard shortcuts, キーボードショートカット

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » アウトラインモードでレベルを変更するショートカットキー

[スポンサード リンク]

トラックバック:0

TrackBack URL

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » アウトラインモードでレベルを変更するショートカットキー

「段落書式」の記事一覧

検索

このページの上部へ戻る

.