Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 条件付き書式 » 条件付き書式で重複データチェック−COUNTIF関数

条件付き書式で重複データチェック−COUNTIF関数

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

「重複データが入力されないようにチェックしたいのですが...?」
「重複入力チェックを行うにはどうすればいいでしょうか?」

重複データ入力防止についてのご質問で、実務でExcelを利用されている方から、よくいただくタイプの質問の一つです。

このサイトでは以前、入力規則を使った入力チェックをご紹介しました。

[スポンサード リンク]

重複データを入力させないようにする方法はいろいろあるのですが、条件付き書式を使い重複データのセルの色を変更したりすることで重複チェックを行うこともできます。


▼操作手順:重複データ入力時にセルの色を変更する
※A列に重複データが入力されたときにセルを赤色にする例

A列全体を選択
 ↓
メニュー[書式]−[条件付き書式]をクリック
 ↓
[条件付き書式の設定]ダイアログ−[条件1]欄の
 1つ目のコンボボックスで[数式が]を選択
 ↓
コンボボックスの右のテキストボックスに
 「=COUNTIF(A:A,A1)>1」と入力
 ↓
[書式]ボタンをクリック
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[パターンタブ]をクリック
 ↓
[セルの網掛け]欄で「赤」色を選択
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック
 ↓
[条件付き書式の設定]ダイアログ
 −[条件1]欄
  −[条件が真のときに使用する書式のプレビュー]
で書式が設定されたことを確認
 ↓
[条件付き書式の設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

上記の設定を行ったシートでは、A列に重複データがあればセルの色が赤色になります。

[条件付き書式の設定]ダイアログで、数式を「=COUNTIF(A:A,A1)>1」と指定することでA列全体で重複チェックを行っていますが、この指定方法を行うとどうしても重くなってしまいます。

データの入力範囲が細かく指定できるのならば、例えばA1:A100セルで重複チェックを行うのならば、A1:A100セルに対して
「=COUNTIF($A$1:$A$100,A1)>1」
のように限定して条件付き書式を設定する方がいいでしょう。

▼サンプルファイル(000798.xls 23KByte)ダウンロード

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 条件付き書式 » 条件付き書式で重複データチェック−COUNTIF関数

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:1

TrackBack URL
×IFCOUNT関数、○COUNTIF関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 条件を指定して合計を求めるSUMIF関数を、IFS...

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 条件付き書式 » 条件付き書式で重複データチェック−COUNTIF関数

「条件付き書式」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.