Home » Access(アクセス)の使い方 » ピボットテーブルをすぐ表示したい

ピボットテーブルをすぐ表示したい

対象:Access 2002,2003

バージョン2002から、Accessでもピボットテーブルやピボットグラフが作れるようになりました。
2000まではExcelからMDBファイルに接続してピボットテーブルを作るしかありませんでしたが、Accessだけでピボット分析ができるようになったわけです。

ピボットテーブル・ピボットグラフがオブジェクトとして存在するのではなく、テーブル・クエリ・フォームのビューの一つとしてピボットテーブル・ピボットグラフが用意されています。

実際にはクエリにピボットテーブルを作成して利用することが多いでしょう。

クエリでピボットテーブルを作ったままだと、次にそのクエリを実行したときは通常どおりデータシートビューで表示され、ピボットテーブルにするためには、表示の切り替え操作をしなければなりません。

[スポンサード リンク]

折角ピボットテーブルにしたわけですから、そのクエリを実行したときにはすぐピボットテーブルが表示される方がいいはずです。


▼操作方法:既定のビューをピボットテーブルにする
クエリをデザインビューで開く
 ↓
画面上部の[フィールド]以外のグレーの部分をクリック
 ↓
メニュー[表示]−[プロパティ]をクリック
 ↓
[クエリプロパティ]−[既定のビュー]を「ピボットテーブル」に変更
 ↓
クエリの保存

この設定をしておけば次にそのクエリを実行すると、ピボットテーブルがすぐ表示されます。

ピボットグラフをすぐ表示させたいときは、[クエリプロパティ]−[既定のビュー]で「ピボットグラフ」を指定してください。

Home » Access(アクセス)の使い方 » ピボットテーブルをすぐ表示したい

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Access(アクセス)の使い方 » ピボットテーブルをすぐ表示したい

「Access(アクセス)の使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.