Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 数値の表示形式 » 数値を判断して文字を表示

対象:Excel

Excelを使ってアンケートなどの入力・集計をするということはよくあります。
そんなときに例えば男女を入力するために「女」「男」と入力するととても手間ですから、女の場合に「1」、男では「2」、不明なときには「3」と入力するようことはよく行われるはずです。

入力時には数値を入力する方が楽ですが、データを見るときには数値より文字で「女」「男」と表示される方が勿論わかりやすいです。

Accessなどのリレーショナルデータベースを使っているときは、1=女・2=男・3=不明といったレコードをもったマスタテーブルを作ってクエリを作るところですが、Excelで入力された数値に応じた文字を表示するにはどうすればいいでしょうか。

[スポンサード リンク]

ユーザー定義書式を使うことで、入力された数値に応じた文字列を表示させることができます。


▼操作手順:数値に応じた文字を表示させる
(1のときに女・2のときに男・その他の数値のときに不明と表示させる例)
メニュー[書式]−[セル]をクリック
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[表示形式]タブをクリック
 ↓
[分類]欄−「ユーザー定義」をクリック
 ↓
[種類]欄に「[=1]"女";[=2]"男";"不明"」と入力
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

条件を[]内に入力し、その後に表示したい文字列を""でくくって入力します。それぞれの表示形式は「;」(セミコロン)で区切ります。条件は2つ指定でき、3つ目の表示形式はどちらの条件にもあてはまらない場合に適用されます。

関連語句
エクセルで0の場合特定の文字列を表示させる

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 数値の表示形式 » 数値を判断して文字を表示

トラックバック:1

TrackBack URL
平成1年を平成元年と表示させたい−ユーザー定義書式 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 関数を使って「平成1年」を「平成元年」と表示させる方法をご紹介しました。 今回は書式設定で「平成元年」と表示させてみます。...

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 数値の表示形式 » 数値を判断して文字を表示

「数値の表示形式」の記事一覧

検索

このページの上部へジャンプ

.