Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 誤変換文字・誤字を再変換する−変換キー

誤変換文字・誤字を再変換する−変換キー

対象:MS-IME

文字入力をして、あとからよく見直してみると誤変換されていた、なんてことはよくあります。

例えば、
 「抗体」が「交代」に
 「抗原」が「公言」に
なっていたなど。

そんな誤字を見つけたとき、どうしてらっしゃいますか?

[スポンサード リンク]

誤入力されたを文字を削除して、あらためて文字を入力して、変換して、という操作を行う方が少なくない印象を持っています。


▼操作手順:文字を再変換する
誤変換されている文字を選択
 ↓
[変換]キーを押す

初期状態のMS-IMEでは、入力済みの文字を選択してから[変換]キーを押すと、再変換が行われる設定になっているのです。

上記の操作を行うと、入力済みの文字が再度変換され、もう一度キーボードから入力する手間を省くことができます。

誤字を見つけたときに、削除してから再度入力しなおしているという方は、一度再変換をお試しください。

[スポンサード リンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 誤変換文字・誤字を再変換する−変換キー

[スポンサード リンク]

TrackBack:2

TrackBack URL
ωД∀って、どう入力するの? from インストラクターのネタ帳
対象:MS-IME 2003 「ω」「Д」「∀」ってどうやって入力するのでしょうか? というご質問をいただきました。 一般的な日本語の文章を入力するような場合、まず入力する機会のない文字・記号ですが、顔文字を入力するような場合に使われることがあります。 一般的な顔文...
住所から郵便番号 from インストラクターのネタ帳
対象:MS-IME2003 郵便番号から住所に変換できるのは、MS-IMEの便利な機能の一つです。 逆に、住所から郵便番号を調べることも可能です。...

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 誤変換文字・誤字を再変換する−変換キー

「IME 日本語入力システム」の記事一覧

最近じっくりと読まれている記事

.