Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » セル内改行を取り除く−CLEAN関数

セル内改行を取り除く−CLEAN関数

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

[Alt]+[Enter]キーを使ったセル内での改行は実務ではよく使われます。

しかしこのセル内改行が、邪魔になることもあります。

たとえば、Excelで簡単なデータベースを作っていたのだけれど、管理しきれなくなってきたのでExcelから何らかのリレーショナルDBにデータを移行しよう、というような場合です。

[スポンサード リンク]

以前ご紹介したセル内改行の置換で取り除いてもOKですが、関数を使ってもセル内改行を除去できます。


▼操作方法:関数を使ってセル内改行を削除する
※A1セルにセル内改行があり、B1セルに削除したデータを取得する例

B1セルに「=CLEAN(A1)」という数式を入力する

CLEAN関数は文字列操作関数の一つで、印刷できない文字を削除してくれます。

置換機能を使うと一つ一つ目視確認するか、エイヤッで一括置換するしかありません。
セル内改行を削除した状態がどうなるのか全体を確認したいときなどには、このCLEAN関数を使うといいのではないでしょうか。

関連語句
段落, 表内, セル内の開業, Alt+Enterの削除, セルの中の改行, セルの中で改行を変更

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » セル内改行を取り除く−CLEAN関数

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 文字列 » セル内改行を取り除く−CLEAN関数

「文字列」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.