Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロがないのに開くときにダイアログが

マクロがないのに開くときにダイアログが

対象:Excel
マクロをすべて削除したはずのExcelファイルを開くときに、マクロを含んでいるという主旨のダイアログが表示されることがあります。
[スポンサード リンク]

これはマクロの削除だけを行い、モジュールの解放(完全な削除)を行っていないときに起きます。

以下の手順で、該当するファイルからモジュールの解放を行ってください。


▼操作手順 :モジュールの解放
メニュー[ツール]−[マクロ]−[Visual Basic Editor]をクリック
 ↓
Visual Basic Editorのプロジェクトエクスプローラで[標準モジュール]フォルダを開く
 ↓
「ModuleX」というような名称のモジュールがあれば右クリック−[ModuleXの解放]をクリック
 (Excel 97の場合は[ModuleXの削除]と表示されます)
 ↓
モジュールをエクスポートするかという確認ダイアログが表示されるので「いいえ」をクリック
 ↓
プロジェクトエクスプローラに標準モジュールがなくなったことを確認
  ↓
Visual Basic Editorを終了し、Excelを上書き保存

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロがないのに開くときにダイアログが

[スポンサード リンク]
[スポンサード リンク]

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロがないのに開くときにダイアログが

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索

最近じっくりと読まれている記事

.