Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » すべての文章・本文を削除するWord VBAのコード

すべての文章・本文を削除するWord VBAのコード

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「vba word 全文章削除」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

この検索キーワードをそのまま理解するならば、すべての文章を削除するWord VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探していたことになります。

Wordで本文中のすべての文章を削除するのなら、全選択のショートカットキー[Ctrl]+[A]を押してから、[Delete]キーを押せばいいだけなので、全文章を削除するWordマクロ単体の使い道はちょっと思いつきません。。

もしかすると、何らかのシステムを開発している方が、システムの機能の一部としてWordの全文章を削除するVBAのコードを探していたのかもしれません。

[スポンサードリンク]

すべての文章を削除するサンプルマクロ

参考になりそうなシンプルなWordマクロをご紹介しておきます。


Sub 全文章を削除する()

 ActiveDocument.StoryRanges(wdMainTextStory).Delete

End Sub

上記のマクロを実行すると、アクティブな文書上の、本文のすべての文章が削除されます。

サンプルマクロの解説

ActiveDocumentプロパティでアクティブ文書を表すDocumentオブジェクトを取得して、

すべての文章・本文を削除するWordマクロ

DocumentオブジェクトのStoryRangesプロパティでStoryRangesコレクションオブジェクトを取得し、

すべての文章・本文を削除するWordマクロ

StoryRangesコレクションオブジェクトのデフォルトメンバーであるItemメソッドに、

すべての文章・本文を削除するWordマクロ

定数・wdMainTextStoryを指定することで、

すべての文章・本文を削除するWordマクロ

本文全体を表すRangeオブジェクトを取得して、そのRangeオブジェクトをDeleteメソッドで削除しているのが、

すべての文章・本文を削除するWordマクロ

上記のマクロです。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » すべての文章・本文を削除するWord VBAのコード

TrackBack:1

TrackBack URL
すべての文を選択するWordマクロ from インストラクターのネタ帳
「word マクロ 全文選択」という検索キーワードをもとに、すべての文章を選択する、3種類のWord(ワード)マクロをご紹介しています。
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » すべての文章・本文を削除するWord VBAのコード

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.