Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » VBAで囲い文字を設定する

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

VBAで囲い文字を設定する

「word vba 囲い文字」
「word マクロ range プロパティ 囲み文字」
といった検索キーワードに気づきました。

Word VBAから囲い文字を操作するにはどのようなコードを指定すればいいのかを探していらしたのでしょうか。

[スポンサードリンク]

選択されている文字を囲い文字にするサンプル○マクロ

文字を選択しておいて以下のSubプロシージャを実行すると、[囲い文字]ダイアログで「文字のサイズを合わせる」スタイルで囲み記号「〇」を指定したのと同じ状態になります。


Sub 選択文字を囲い文字にする()
 Selection.Range.ModifyEnclosure _
   Style:=wdEncloseStyleLarge, _
   Symbol:=wdEnclosureCircle

' 引数・Style に指定できる定数
'  wdEncloseStyleSmall; wdEncloseStyleLarge
' 引数・Symbol に指定できる定数
'  wdEnclosureCircle; wdEnclosureSquare;
'  wdEnclosureTriangle; wdEnclosureDiamond
End Sub

サンプルマクロで利用しているオブジェクト式について

RangeオブジェクトのModifyEnclosureメッソドで、

VBAで囲い文字を設定する

囲い文字を設定できます。

引数・Styleには[囲い文字]ダイアログ-[スタイル]欄で指定する、

VBAで囲い文字を設定する

[外枠のサイズを合わせる][文字のサイズを合わせる]を、wdEncloseStyleSmall・wdEncloseStyleLargeという定数で指定します。

wdEncloseStyleNoneという定数も用意されていて、これを指定すれば囲い文字の解除ができそうに感じますが、どうやら解除はできなさそうです。囲い文字の正体がフィールドコードだということを知っていれば定数・wdEncloseStyleNoneを指定しても解除できないのは納得できる動きだと感じます。

引数・Symbolには、[囲い文字]ダイアログ-[囲み]欄で指定する記号を、

VBAで囲い文字を設定する

wdEnclosureCircle・wdEnclosureSquare・wdEnclosureTriangle・wdEnclosureDiamondという定数で指定します。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » VBAで囲い文字を設定する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » VBAで囲い文字を設定する

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.