Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » 見出し1・アウトラインレベル1の文字列と段落番号を取得するWordマクロ

見出し1・アウトラインレベル1の文字列と段落番号を取得するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

Wordのアウトライン機能を利用して文書を作成しているときに、アウトラインレベル1(見出し1)の、文字列と段落番号だけが、テキストデータとして必要になりました。

そのときに作ったWordマクロをご紹介します。

[スポンサードリンク]

見出し1・アウトラインレベル1の文字列と段落番号を取得するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブな文書の見出し1(アウトラインレベル1)の、段落番号と、文字列がイミディエイトウィンドウに出力されます。


Sub アウトラインレベル1の段落番号と文字列を出力する()
 Dim par As Paragraph

 For Each par In ActiveDocument.Paragraphs
 With par
  If .OutlineLevel = wdOutlineLevel1 Then
   With .Range
    Debug.Print _
      .ListFormat.ListString, _
      Replace(.Text, vbCr, "")
   End With
  End If
 End With
 Next par
End Sub

サンプルマクロの解説

アクティブ文書のすべてのParagraphオブジェクトに対してFor Each~Nextループを回して、
  Dim par As Paragraph
  For Each par In ActiveDocument.Paragraphs

アウトラインレベルが「1」だったときに、
  With par
   If .OutlineLevel = wdOutlineLevel1 Then

段落番号と文字列を、イミディエイトウィンドウに出力しています。
   With .Range
    Debug.Print _
      .ListFormat.ListString, _
      Replace(.Text, vbCr, "")

段落記号をそのまま出力するとムダに改行が増えてしまうので、vbCrを削除する処理「Replace(.Text, vbCr, "")」を入れています。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » 見出し1・アウトラインレベル1の文字列と段落番号を取得するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » 見出し1・アウトラインレベル1の文字列と段落番号を取得するWordマクロ

「段落・パラグラフ」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.