Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » VBAでアウトラインレベルを取得する

VBAでアウトラインレベルを取得する

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

VBAでアウトラインレベルを取得する

このサイト・インストラクターのネタ帳のアクセスログを眺めていて、
「word vba アウトライン レベルの番号を取得」
という検索キーワードで、アクセスがあることに気づきました。

Word VBA(Visual Basic for Applications)で、アウトラインレベルを取得するには、どのようなオブジェクト式を書けばいいのかを探していた方による検索です。

あらためてアクセスログを見直してみると、どのアプリケーションでの話かわかりませんけれど、
「vba アウトライン レベル 調べる」
「vba アウトラインレベル 取得」
といった検索キーワードも見かけます。

[スポンサードリンク]

アウトラインレベルを取得するサンプルマクロ

参考になりそうな、簡単なマクロをご紹介しておきましょう。
Word文書を選択しておいて以下のマクロを実行すると、選択されていた箇所のアウトラインレベルが、メッセージボックスに表示されます。


Sub アウトラインレベルを取得する()

 Dim par As Paragraph

 For Each par In Selection.Paragraphs
  MsgBox par.OutlineLevel
 Next par

End Sub

上記のマクロを実行すると、アウトラインレベル1~9の場合は、もちろん「1」~「9」の整数が、本文レベルの場合は「10」がメッセージボックスに表示されます。

サンプルマクロで利用しているオブジェクト式について

アウトラインレベルは、Paragraphオブジェクトの、OutlineLevelfプロパティで、取得・設定することができます。

VBAでアウトラインレベルを取得する

Paragraph.OutlineLevelプロパティの戻りは、WdOutlineLevel列挙に定義されている、wdOutlineLevel1~wdOutlineLevel9・wdOutlineLevelBodyTextといった定数ですが、

VBAでアウトラインレベルを取得する

これらの定数の実体は、アウトラインレベルに応じた「1」から「10」までの整数ですから、上記のようなシンプルなプロシージャでいけるわけです。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » VBAでアウトラインレベルを取得する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » VBAでアウトラインレベルを取得する

「段落・パラグラフ」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.