Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル数式 » FormulaR1C1で定義された名前を使った数式を入力するには

FormulaR1C1で定義された名前を使った数式を入力するには

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「マクロ式 activecell.formular1c1 名前を使うとき」
という検索キーワードによる、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

RangeオブジェクトのFormulaR1C1プロパティを使って、

アクティブなセルに数式を入力するときに、定義された名前を使った数式を入力するには、代入文をどう書けばいいのか探してらしたのでしょう。

[スポンサードリンク]

名前を使った数式を入力するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャが参考になるでしょう。


Sub 名前を使った数式を入力する()
 ActiveCell.FormulaR1C1 = "=R[-1]C[0] * 値引率"
End Sub

「値引率」という名前の付けられたセルが存在するときに、上記のプロシージャを実行すると、アクティブセルに、アクティブセルの1つ上のセルと、値引率とを掛け算する数式が入力されます。

サンプルマクロについて

「マクロ式 activecell.formular1c1 名前を使うとき」
と検索なさった方は、代入文の右辺で、ダブルクォーテーションを、どうつければいいのかを悩んでいらしたのではないか、と推測しています。

上記のサンプルをご覧いただき、一度わかってしまえば、何ということのない、一番シンプルな形で良かったのか、と感じていただけるのではないでしょうか。

ちなみに、マクロ記録した場合は、
 ActiveCell.FormulaR1C1 = "=R[-1]C*値引率"
というコードが作られます。

1つ上のセルを指定する部分が「R[-1]C」となっていますが、私は「R[-1]C[0]」のような書き方のほうを、意味を理解しやすいのでおすすめします。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル数式 » FormulaR1C1で定義された名前を使った数式を入力するには

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル数式 » FormulaR1C1で定義された名前を使った数式を入力するには

「セル数式」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.