Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Range.CurrentRegionプロパティ » CurrentRegionのセル番地を取得する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba currentregion 座標を取得」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

「座標」と表現されていますが、セル番地・セルアドレスのことでしょうか。

「currentregion 範囲 確認」
という検索キーワードも、同じことを探していらしたのでしょう。

[スポンサードリンク]

CurrentRegion(アクティブセル領域)のセル番地を取得するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブなセルのCurrentRegion(アクティブセル領域)のセル番地が「$」マーク付きの絶対参照形式で、メッセージボックスに表示されます。


Sub CurrentRegionのアドレスを取得する()
 MsgBox ActiveCell.CurrentRegion.Address
End Sub

RangeオブジェクトのAddressプロパティで、セル番地を取得できます。

CurrentRegionのセル番地を取得する

$マークなしのセル番地を取得したい場合は、Range.Addressプロパティに引数を指定して、
 MsgBox ActiveCell.CurrentRegion.Address(False, False)
としてください。

オブジェクト式・ActiveCell.CurrentRegion.Addressの図解

上記のSubプロシージャで利用しているオブジェクト式「ActiveCell.CurrentRegion.Address」を図解すると、下図のとおりです。

CurrentRegionのセル番地を取得する

RangeオブジェクトのAddressプロパティでセル番地を取得できる

この記事では、CurrentRegionのセル番地を取得する例をご紹介しましたが、ここで利用しているAddressはRangeオブジェクトに用意されているプロパティですから、「.Address」の前は、Rangeオブジェクトを返す記述であれば、オブジェクト式でもオブジェクト変数でもOKです。

例えば、「ActiveCell.Address」ならアクティブセルのセル番地を、「ActiveWindow.RangeSelection.Address」や「Selection.Address」なら選択されているセル範囲のセル番地を、取得できます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Range.CurrentRegionプロパティ » CurrentRegionのセル番地を取得する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Range.CurrentRegionプロパティ » CurrentRegionのセル番地を取得する

「Range.CurrentRegionプロパティ」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.