Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 罫線・Borders » VBAで外枠罫線を引く

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

VBAで外枠罫線を引く

「excel vba 罫線 複数選択したセルの外枠のみ」
という、何を求めていらしたのか、判断に迷う検索キーワードに気づきました。

参考になりそうな簡単なマクロを2つご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

選択範囲の個々のセルに外枠罫線を引くサンプルマクロ

セル範囲を選択しておいて以下のSubプロシージャを実行すると、選択されていた個々のセルに外枠罫線が引かれます。


Sub 選択範囲の個々のセルに外枠罫線を引く()
 Dim rng As Range
 Set rng = Selection
 rng.Borders.Weight = xlThick
End Sub

B2:D3セルを選択しておいて上記のSubプロシージャを実行すると、B2:D3セルに下図のような罫線が引かれます。

VBAで外枠罫線を引く

ただし、こちらは「外枠」ではなく「格子」で検索される方が多いだろうと推測しています。

選択範囲の全体に外枠罫線を引く

セル範囲を選択しておいて以下のSubプロシージャを実行すると、選択されていたセル範囲の全体に外枠罫線が引かれます。


Sub 選択範囲の全体に外枠罫線を引く()
 Dim rng As Range
 Set rng = Selection
 rng.BorderAround Weight:=xlThick
End Sub

B6:D7セルを選択しておいて上記のSubプロシージャを実行すると、B6:D7セルに下図のような罫線が引かれます。

VBAで外枠罫線を引く

「excel vba 罫線 複数選択したセルの外枠のみ」
という検索をなさった方が探していたのは、こちらではないかと推測しています。

Range.BordersとRange.BorderAroundについて

上記の2つのSubプロシージャで罫線を引いている、
  rng.Borders.Weight = xlThick
と、
  rng.BorderAround Weight:=xlThick
は、よく似ていますが、プロパティとメソッドの違いに注意が必要です。

Borders.Weightはプロパティですから、
  rng.Borders.Weight = xlThick
と定数・xlThickを代入しているのに対し、
Range.BorderAroundはメソッドですから、
  rng.BorderAround Weight:=xlThick
と引数・Weightに定数・xlThickを指定しています。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 罫線・Borders » VBAで外枠罫線を引く

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » 罫線・Borders » VBAで外枠罫線を引く

「罫線・Borders」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.