Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 配列 » 配列の要素を逆順に処理する

配列の要素を逆順に処理する

「excel vba 配列 要素を逆に処理」
という検索キーワードでアクセスがありました。

[スポンサードリンク]

配列要素を逆順に処理するサンプルマクロ

簡単なマクロをご紹介しておきましょう。


Sub 配列要素を逆に処理する()
 Dim arr(1 To 3) As String
 arr(1) = "イ"
 arr(2) = "ロ"
 arr(3) = "ハ"

 Dim i As Long
 For i = UBound(arr) To LBound(arr) Step -1
  MsgBox arr(i)
 Next i
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すると、文字列「イ」「ロ」「ハ」を要素に持つ配列が逆順に処理されて「ハ」「ロ」「イ」の順にメッセージボックスが表示されます。

サンプルマクロの解説

最初の、
  Dim arr(1 To 3) As String
  arr(1) = "イ"
  arr(2) = "ロ"
  arr(3) = "ハ"
の部分で、配列変数の宣言を行い、各要素に文字列データを格納しています。

ショートカットキー[F8]でステップ実行を進め、データ格納が終わった時点でローカルウィンドウを確認すれば、下図のように「イ」「ロ」「ハ」とデータが代入されていることを確認できます。

配列の要素を逆順に処理する

「excel vba 配列 要素を逆に処理」のポイントは、
  For i = UBound(arr) To LBound(arr) Step -1
の部分です。

「Step -1」と、カウンター変数iを1ずつ減らす増分値指定を行い、初期値を「UBound(arr)」、最終値を「LBound(arr)」と指定することで、インデックスの大きいほうから小さいほうへ処理が行われます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 配列 » 配列の要素を逆順に処理する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » 配列 » 配列の要素を逆順に処理する

「配列」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.