Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapeオブジェクト » 選択図形のテキストをVBAで取得する

選択図形のテキストをVBAで取得する

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

選択図形のテキストをVBAで取得する

「excel マクロ 選択した図形のcharacters.textを取得」
という検索キーワードによるアクセスに気づきました。

[スポンサードリンク]

選択されている図形のテキストを取得するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、選択されている図形に入力されているテキスト(文字列)が、イミディエイトウィンドウに出力されます。


Sub 選択図形テキストを取得する()
 Dim shp As Shape

 On Error GoTo ErrHndl
 For Each shp In Selection.ShapeRange
  Debug.Print shp.TextFrame.Characters.Text
 Next shp
 Exit Sub

ErrHndl:
 MsgBox "図形が選択されていません。"
End Sub

サンプルマクロで利用しているオブジェクト式について

「excel マクロ 選択した図形のcharacters.textを取得」
と検索なさった方は、図形に入力されているテキストを、CharactersオブジェクトのTextプロパティで

選択図形のテキストをVBAで取得する

取得できることまではご存知なはずです。

そのCharactersオブジェクトを取得するために、ShapeオブジェクトのTextFrameプロパティでTextFrameオブジェクトを取得して、

選択図形のテキストをVBAで取得する

TextFrameオブジェクトのCharactersメソッドを利用しているのが、

選択図形のテキストをVBAで取得する

For Each~Nextループ内の「shp.TextFrame.Characters」というオブジェクト式です。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapeオブジェクト » 選択図形のテキストをVBAで取得する

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapeオブジェクト » 選択図形のテキストをVBAで取得する

「Shapeオブジェクト」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.