Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 数値の表示形式 » 数式がそのままセルに表示される−表示形式=文字列

数式がそのままセルに表示される−表示形式=文字列

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010

例えば、A1セルとB1セルの文字列を結合した値をC1セルに表示したい場合、C1セルに「=A1&B1」といった計算式を入力します。

このときA1セルに「東京都」、B1セルに「千代田区」と入力されていれば、「=A1&B1」という数式の入力されているC1セルには「東京都千代田区」と表示されます。

ところがそうならず「=A1&B1」という計算式そのものがC1セルに表示されることがあります。

その原因の一つとして、オプション設定によって数式が文字列としてセルに表示されるケースがあることをご紹介しました。

[スポンサードリンク]

オプション設定で数式を表示するような設定になっていないにも関わらず、数式がそのままセルに表示されるケースがあるのでご紹介しておきます。

セルの書式設定が原因となっているケースです。


▼数式がそのままセルに表示される原因
[セルの書式設定]ダイアログ
 −[表示形式]タブ
  −[分類]欄で
   「文字列」が設定されている

興味のある方は是非実際にご自分の手を動かしてご確認ください。

C1セルで[Ctrl]+[1]キーなどを押して、[セルの書式設定]ダイアログを表示して、[表示形式]タブ−[分類]欄で「文字列」を選択後に[OK]ボタンを押して、その後C1セルに「=a1&b1」と入力してみてください。

C1セルに「=a1&b1」と表示されてしまうはずです。

一般的な状態であれば「=a1&b1」のように仮に小文字で計算式を入力したとしても、数式と認識され自動的に「=A1&B1」となり、セルにはA1セルに入力されているデータとB1セルに入力されているデータが連結された計算結果が表示されます。

しかし表示形式が「文字列」になっていると、「=a1&b1」という入力した数式がそのまま表示されてしまうのです。

このような状態から計算結果を表示させるには以下のような操作を行ってください。


▼操作概要:数式が表示されているセルで計算結果を表示させる
[セルの書式設定]ダイアログ
 −[表示形式]タブ
  −[分類]欄で
   「標準」を設定
 ↓
[F2]キーを押すなどしてセルを編集モードにし
[Enter]キーを押すなどして確定する

[セルの書式設定]ダイアログ−[表示形式]タブ−[分類]欄で「標準」を設定するだけで計算結果が表示されればいいのですが、残念ながらそうなりません。

[F2]キーを押すなどしてセルを編集モードにして、[Enter]キーを押すなどして確定するという操作が必要です。

数式の表示されているセルが大量にあって[F2]キーを押して[Enter]キーを押すという操作が面倒だというケースもあるでしょう。そのような場合の対処方法については別途ご紹介したいと思います。

関連語句
エクセルで数式が表示されてしまう原因, 数式がそのまま表示される, エクセルの数式が表示されてしまう理由, 関数の式が表示されてしまう
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 数値の表示形式 » 数式がそのままセルに表示される−表示形式=文字列

TrackBack:1

TrackBack URL
F2キー→Enterキーが面倒−置換の実行 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 先日、表示形式が文字列になっているときに、セルに入力した数式...
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 数値の表示形式 » 数式がそのままセルに表示される−表示形式=文字列

「数値の表示形式」の記事一覧

検索

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.